巻き爪

巻き爪ならフットジェルネイルを避けるべき!?その理由とは

巻き爪になっている足の爪に、フットネイルを施して隠す人も多いかと思います。特に夏場に素足を晒す機会も増えるので、なるべく足元を綺麗に見せたいものです。ただし、フットネイルは爪に負荷を与えてしまう影響があることを理解しておくべきです。巻き爪を隠すはずが、さらに巻き爪を進行させる可能性があることを今回お伝えします。

マニキュアとジェルネイルの違い

マニキュアの特徴

ジェルネイルの特徴

乾燥が爪に与える悪影響

乾燥以外の爪割れの原因

爪のケア方法

マニキュアとジェルネイルの違い

マニキュアの特徴

マニキュアは「ポリッシュ」、「ネイルカラー」、「エナメルカラー」などと呼ばれていて、有機溶剤に着色したものです。 百円ショップやドラッグストアなどで求めやすい価格で購入でき、ネイルオフも除光液を使えば簡単にできます。マニキュアの良い点はその手軽さにあるでしょう。塗るときもオフするときも自爪を削る必要がないため爪を傷めず、爪が薄い方でも特に問題はありません。しかしマニキュアは揮発性があるため、自爪が乾燥しやすくなります。乾燥から爪の欠けや割れに繋がり、爪トラブルにまで発展する可能性があります。

ジェルネイルの特徴

ジェルネイルはジェル状の樹脂でできていて、UVライトやLEDライトを当てて硬化するのが特徴です。マニキュアよりも持ちがよく、適度な厚み、硬さにできるため爪を補強することができます。しかし密着をよくするために爪を削ったり、オフする際の揮発剤で爪が乾燥しやすくなります。

ジェルネイルが巻き爪を進行させやすい要因をご紹介します。ジェルネイルは硬化時、爪に密着したままぎゅっと縮む作用があり、爪全体に圧をかける働きがあります。その結果、爪に圧力がかかり続け、爪の両端が巻きやすくなってしまいます。また、ジェルネイルをオフする際に使用するアセトンなどの揮発剤が爪を乾燥させます。オンオフを繰り返すうちに爪の乾燥がすすみ、巻き爪が悪化する可能性があります。

また、持ちの良さも災いすることがあります。ジェルネイルは2か月程度持つ場合があり、その間自爪の状態を視認できなくなります。2か月で伸びる爪の長さは3mm程度で、指先よりも伸びた爪は自然と巻きやすくなるのでさらに注意が必要といえます。

乾燥が爪に与える悪影響

乾燥は爪の天敵です。マニキュア・ジェルネイルともにオフする際の除光液で爪の油分や水分までもいっしょに取り去ってしまいます。爪はそもそも水分をたくさん含んでいて、毎日爪から蒸発する水分量は皮膚から出ていく量よりも多いと言われています。爪に水分が多く含まれている理由は、柔軟性を持たせるためです。水分がなくてカラッカラな状態では、物理的な負荷で簡単に折れ曲がってしまいます。また、水分がなくなるほど乾燥してしまうと爪は縮んだり、厚くなったり、硬くなったりといった変化が起こります。「ジェルネイルを続けていたら爪が薄くなった。ジェルをやめるとすぐに割れてしまう。」 という方。割れてしまう原因は爪が薄くなった事だけではなく、乾燥かもしれません。

乾燥が原因で爪が割れる事で極度の深爪になる可能性があります。 深爪になると、足の指に力が加わった際に爪の先の皮膚が力を受けて盛り上がります。 その結果、爪はまっすぐに伸びることができずに厚みが増したり、両端が巻いたりしてきま す。 また、爪の両端を僅かでも切り残してしまった場合、その爪がトゲのように皮膚に刺さり、 痛みや炎症を引き起こす「陥入爪」の原因になることもあります。

乾燥以外の爪割れの原因

乾燥以外にも爪が割れてしまう原因はあります。それは靴です。正しい靴の選び方、履き方が出来ていないと靴の中に爪が当たってしまいます。靴の中に爪が当たるという状態は、壁に何度も指先をぶつけていることと同じことをしながら歩いていると思ってください。靴を履いた際、指先が窮屈に感じたり、反対に大きすぎて靴の中で足が滑ってしまっている場合は靴を見直してみましょう。靴紐をしっかり結ぶことで前滑りを防止できるのでスニーカータイプの靴紐を選ぶようにしましょう。

爪のケア方法

足の爪のケアを毎日している方は少ないのでないでしょうか? 爪は肌や髪と同じケラチンというたんぱく質からできているので、肌や髪と同じように普段からのケアが大切です。爪の乾燥を防ぐためには、水分補給やバランスの良い食事など体の内側からのケアも大切ですが、一番手軽に保湿できるキューティクルオイルをおすすめします。キューティクルオイルを爪の生え際周りに塗って軽くマッサージしてください。 オイルの成分が皮膚を通して、爪母と呼ばれる爪を作る部分に潤いを与え、新しく生えてくる爪を健康にしてくれます。


いかがでしたでしょうか。フットネイルが必ずしも爪に悪影響を与えるものと捉えるのではなく、正しくケアを続けることで爪の乾燥を防げます。これからの季節、足元のオシャレを楽しむためにも爪ケアをお忘れなく!

当院では巻き爪の矯正だけではなく、爪のトラブルに繋がる原因となる靴の選び方・履き方、 爪の整え方など、再発を防ぐためのアドバイスも行っております。
まずはお気軽にご相談を↓↓↓
埼玉巻き爪矯正院 所沢院にお問い合わせください。

所沢駅西口より徒歩6分
〒359-1115 埼玉県所沢市御幸町6ー1 サンライズ所沢305


080-4194-0777

https://tokorozawa.巻き爪専門.jp

便利なネット予約はこちらへ https://chouseisancal.com/makitume-tokorozawa

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

初めてご来院の際はカルテの記入等ございますので「予約時間の10分前」にお越しくださいませ。
ネット予約はこちら