爪の症状

爪が緑色になってしまうグリーンネイルとは|原因と治し方

爪が緑色に変色してしまった経験がある方がいらっしゃると思います。よくカビと誤解されがちですが、実は違います。対象方法を知っていれば慌てることはありません。

緑色に爪が変色するグリーンネイルとは

グリーンネイルの原因とは

グリーンネイルの治し方

グリーンネイルにならないための予防方法

緑色に爪が変色するグリーンネイルとは

緑色に爪の色が変化するのは「グリーンネイル」と呼ばれる爪の病気です。その名の通り、爪が緑色になってしまう病気ですが、これは緑膿菌という自然の中に存在する常在菌の一種が繁殖してしまった症状です。

菌が繁殖してしまったことで不快に思われるかもしれませんが、炎症が起こっているわけではないので痛みや痒みなどといった自覚症状はほとんどありません。ただ、この菌特有の臭いを発することがあります。

発症は、爪と皮膚の間の隙間や、ジェルネイルを施した際のジェルと爪の間に起こります。緑膿菌は高温・多湿を好み、繁殖に都合の良い環境が整えばわずかな隙間で繁殖することがあるのです。

グリーンネイルの原因とは

グリーンネイルの原因は緑膿菌の繁殖環境を作ってしまったことから起こります。

女性が行うフットネイルでジェルネイルというタイプがあります。硬化させたジェルが爪の表面に付着した状態になりますが、僅かな隙間に水分が入り込むことがあり、緑膿菌の繁殖を促します。ジェルと爪の間で繁殖するので、ジェルを除去した後に初めて目にして驚かれるケースも多々あるようです。

また、爪と皮膚が剥がれるという爪甲剥離症という爪症状があるのですが、爪が皮膚と離れてしまって隙間が空いてしまうという症状です。ジェルネイルよりも隙間が大きいようですが乾燥しにくく、この隙間にゴミが溜まることで水分を吸って多湿な環境を生み出しやすくなります。また、蒸れたり汗っかきの状態が続くことでも緑膿菌が住みやすい環境を継続させてしまいます。

よく誤解されがちなのは、グリーンネイルは人にうつると思われていることです。フットケアやネイルサロンに通い感染してしまったのではないかと心配になるかと思いますが、常在菌なのでどこにでもいるのです。ただ、不衛生な状態にあることや、免疫力が低下している高齢者や新生児だと余計に繁殖しやすくなります。

グリーンネイルの治し方

グリーンネイルを治すには、原因がジェルネイルなのか爪甲剥離症なのかで方法に違いがあります。

ジェルネイルが原因であれば、爪甲にグリーンネイルが発症しています。つまり爪の表面がしっかり乾燥されれば緑膿菌の繁殖が抑えられて自然に治ります。爪ケアとしてオイルやクリームを使用すると却って乾燥できずに治りが遅くなりますから注意してください。

爪甲剥離症が原因の場合は、爪下にグリーンネイルが発症しています。爪と皮膚の間の隙間は思うように乾燥されない箇所なので自然に治すのが難しくなります。医療機関で外用薬を処方してもらうのが解決の方法です。

どちらにせよ、自分でなんとかしようとして爪を削る行為だけは避けてください。爪甲のグリーンネイルは多少削れて緑色の部分が剥がれ落ちますが、下手に傷がついたり割れたりすると、その隙間が新たに緑膿菌の繫殖の場になる可能性もあります。

また、緑膿菌の増殖が止まっても、緑色の色素が完全に消えるわけではありません。爪が伸びきって爪を切れる頃合いまで待つ必要があります。

グリーンネイルにならないための予防方法

グリーンネイルに陥るジェルネイルですが、そもそもネイルを繰り返す度に爪にダメージを負わせているのが災いしています。ネイルをする際に爪の上を処理する関係で多少、爪の表面を削らなければなりません。長い間ジェルネイルやスカルプチャーネイルをしていると、毎回少しずつ表面が削られ、自爪が薄くなってきてしまいます。自爪が薄くなることで、耐久性がなくなり、衝撃に弱くなります。そのせいでジェルとの隙間が発生しやすくなるといえます。おしゃれのためにフットネイルをやりたい気持ちもわかりますが、時には自分の爪を労わるためにお休みすることも大切です。

もう一方のグリーンネイルの原因の爪甲剥離症ですが、乾燥をさせるために水分の除去が必要です。お風呂上りなど、ドライヤーで乾かすことを習慣にしましょう。あとは根本的に爪甲剥離症を改善させる必要があります。足爪における爪甲剥離症の原因は、足指に過度な負担がかかり爪が剥がれてしまったことや、慢性的に靴や激しいスポーツで負荷を受け続けている場合がほとんどです。正しい靴の履き方や、インソールを使用して足に負担の少ない環境を整えて一般的には1年以上としぶとく爪の伸びの様子を見てあげる必要があります。また、病気が原因である場合もあるので、一度医療機関で相談を受けることもおすすめします。

剥離した爪を切ってしまおうと考えるのはやめてください。爪を短くすることで巻き爪や陥入爪といった爪トラブルに発展します。当院では巻き爪矯正の他、爪が自然な形に伸びやすいように靴やインソールなどの指導も行っています。爪症状は個人差がありますので、実際に拝見しないと正確な判断が下せません。一度カウンセリングを受けてみてください。便利なネット予約がございます。

まずはお気軽にご相談を↓↓↓
埼玉巻き爪矯正院所沢院にお問い合わせ下さい。

所沢駅西口より徒歩6分
〒359-1115 埼玉県所沢市御幸町6ー1 サンライズ所沢305


080-4194-0777

https://tokorozawa.巻き爪専門.jp

便利なネット予約はこちらへ https://chouseisancal.com/makitume-tokorozawa

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

初めてご来院の際はカルテの記入等ございますので「予約時間の10分前」にお越しくださいませ。
ネット予約はこちら