巻き爪

巻き爪の応急処置は自分でできる!?|テーピング法をご紹介

巻き爪で痛みが出てきた場合に、すぐには病院に行けないこともありますよね。そういうときにご自分で痛みを和らげられるテーピング法をご紹介します。

テーピング法とは

テーピングのやり方

巻き爪応急処置のテーピング法とは

テーピング法の効果

巻き爪になったときに起こる痛みというのは、皮膚に爪が食い込んでいる場合です。爪が痛いわけではなく、その周りの皮膚が傷つけられていたり、皮膚が腫れ上がり炎症しています。

もしあなたの体に棘が刺さったとします。その棘を抜かないとずっと痛いままですし、傷も癒えることはありません。棘を抜けば自然と痛みも傷跡も治っていくでしょう。しかし、巻き爪で痛みのある場合は棘を抜く行為(=爪を切る)はしてはいけません。痛みの元の爪箇所を切ると、爪は余計に巻きやすくなってしまうのです。ですから、棘を抜くことよりも反対に皮膚を遠ざけるという考え方をします。これがテーピング法です。

テーピング法のやり方

テーピング用のテープ選びがまず大事です。剥がれやすかったり、かぶれてしまったりする場合もあります。綿で伸縮性のあるタイプの使用をおすすめします。指の関節の稼働に合わせてテープも柔軟に伸び縮みさせないといけないからです。

種類:綿、伸縮性があるもの
サイズ:幅2.5センチ、長さ6センチ~10センチ程度
形状:角を全て丸く整える

やり方ですが、まずテープの端を皮膚と爪の境目に貼ります。そして爪と皮膚を離すように強く引っ張りながら下に下げます。下げたテープを指の下に通し反対側に回します。回したテープは足の甲に流すように優しく貼り付けます。

爪の両サイドが巻いている場合は、一方も同じように貼り付けて足の甲でテープがクロスするように仕上げてください。

爪と皮膚を離すのが目的ですが、適度な強さで行ってください。あまりにもきつくすると血行が悪くなってしまいます!また、人によって皮膚が痒くなったり皮が剥けたりするなどの異常が生じる場合もあるのでそのときは一旦テーピングをお休みしてください。

テーピング法はあくまでも応急処置です。巻き爪を直す根本的な治療にはなりません。すぐに巻き爪矯正を受けにいくことができない状況であれば生活や仕事のために痛みを和らげておくための処置として利用できます。注意点としては、「痛みが治まったから巻き爪矯正を受けるのを止める」とならないことです。巻いた爪はまたきっと悪さをします。何度も繰り返し、さらに巻きが強くなれば痛みもさらに強く変わることでしょう。

東京巻き爪矯正院では巻き爪による痛いの解決を根本的に直す巻き爪矯正を行っています。9割が初回の施術で痛みが軽減されますし、施術自体の痛みもほとんどありません。悩まずにまずはご相談ください。


【住所】〒115-0055 東京都北区赤羽西4丁目23-5 赤羽西ガーデンハウス102号室
【定休日】水曜日、木曜日
【営業時間】10:00~19:00
【電話番号】080-6717-6752
【ネット予約】https://chouseisancal.com/makitume-akabane

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

初めてご来院の際はカルテの記入等ございますので「予約時間の10分前」にお越しくださいませ。
ネット予約はこちら