子どもは巻き爪になりやすい?その原因と予防方法とは

陥入爪写真 千葉巻き爪矯正院

子どもに多く見られる巻き爪陥入爪。暖かくなり素足になる機会が多いためか、お子さんの足のトラブルに気が付くことが増えてきていませんか?成長期の子どもに多い巻き爪、陥入爪について解説していきます。正しい爪の切り方や靴選びを知ることで、ご自身だけでなくお子さんの足のトラブルにならないようにしていきましょう。

目次

子どもに多い巻き爪の『原因』

間違った爪の切り方

爪の角を切ってしまったり、フリーエッジと呼ばれる白い部分を全部切ってしまう深爪。逆に伸ばしたままにした長い爪が、靴を履いたときにぶつかることにより痛みや炎症を起こしてしまうことがあります。 

特に子どもに多いのが、癖で爪をむしったり齧ったりしてしまうことです。そうすると爪切りで深爪にしたときよりも、さらに短くなる可能性があります。爪が短く、小さくなるほどいざ矯正を始めても改善に時間がかかる傾向にあります。

靴のサイズが合っていない

気付いたら子どもの足が大きくなっていて、靴が窮屈になってしまっている時があります。その場合、過度な圧迫により爪に負荷がかかり、爪が皮膚に刺さりこみやすくなります。逆に成長期で大きくなるだろうからと大きめの靴を履かせていると、靴の中で足が滑ってぶつかりが生じることになります。

スポーツや部活動の運動習慣による負荷

サッカーのスパイクやバスケットシューズなどのサイズはかなり窮屈で、足とより一体化するように履いているのを耳にします。爪も割れないよう、靴の内側に当たらないように意図的に深爪にしていることも珍しくないようです。

巻き爪の予防方法

正しい爪の切り方

まずは爪切りではなく、ヤスリで削ることをおすすめします。爪切りだと切り過ぎてしまうことがあります。安全な長さや形に整えるためにヤスリを使いましょう。

長さの目安は指の先端と爪が同じくらいの長さになるように削ります。角を少し落として「スクエアオフ」もしくは指先の形に合わせた「ラウンド型」になるように整えます。大体の目安は2週間に1回のペースのお手入れをするといいですね。

サイズの合った正しい靴選び

子どもの足はすぐに大きくなります。しかし、成長期という足にとってとても大切な時期になります。 つま先が靴の先端に当たりはじめたら、買い替えるなどして常に適切なサイズの靴を履くようにしましょう。

靴を選ぶときのポイントは、かかとを合わせて靴の先端に1cmの余裕を持ち、つま先側から紐をしっかり結んでいきます。紐をゆるくして簡単に脱ぎ履きしているお子さんを良く見かけますが、それも良くありません。靴の中で足が固定されることが重要です。

子どもに多い陥入爪について

陥入爪とは爪の端部分が皮膚の中に隠れ埋もれるように巻き込んでいる状態のことを言います。一見巻いてるように見えないのですが、側爪部の爪の端をたどると奥に入り込んでいます。

最も多い原因は、「深爪」です。悪化すると、化膿してしまうことがあります。悪化してからでは改善に時間がかかることがありますので、我慢せず、放置せずに早めの処置をおすすめします。

千葉巻き爪矯正院では、皮膚を切ったり、爪を剥がすなどの外科的な処置ではなく、自社開発の特殊プレートで医療行為より負担の少ない矯正をしております。巻き爪だけでなく、成長期のお子さんの陥入爪についても、お気軽に千葉巻き爪矯正院へご相談ください。


千葉巻き爪矯正院 柏院
《住所》〒277-0851千葉県柏市向原町1-20カーサ・アイ向原 1階B号室
《TEL》04-7170-4522
《営業時間》10:00~19:00
《定休日》水・木

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる